首イボの治療方法を解説

首イボに悩む40代女性

 

40代を過ぎた頃から首イボに悩まされる方は急増します。

 

人によっては20代の頃に発症する人もいるのですが、肌のトラブルとなるので老化が進むにつれあらわれるくる人が非常に多い肌トラブルです。

 

病院では医者も体に害がある訳ではないので、そのままで大丈夫といわれるケースは多いです。ただ、本人からしても回りの目からしても首にぽつぽつとイボが沢山あるのは見た目的にも気持ち悪いです。

 

そのため、治療をして除去してしまったほうが良いです。
首イボを治療方法としては2つあります。

 

  1. 美容皮膚科での治療
  2. 自宅での治療

 

少し前までは病院などで医療用ハサミや液体窒素を使って除去して貰うのが一般的でした。しかし、最近では首イボの治療を自宅行う人も非常に多いです。

 

皮膚科での治療方法

50代の皮膚科医

首イボは大きさにもよって呼び方が異なり、スキンタッグやアクロコルドンとも呼ばれます。皮膚科で行われる治療としては下記の3種類です。

 

  1. 医療用ハサミで切り取る
  2. 液体窒素で凍らせて取る
  3. レーザーで焼き切てしまう

 

どの治療方法を行うかに関しては病院の設備や医者の判断によっても異なってきます。また、サイズなどにもよって異なってくるので必ずすぃもあなたが行って欲しい方法で手術をしてくれるかは分かりません。

 

首イボの数が多ければ一度に全ての治療は行わないので数日間に分けて行うことが多いです、肌にダメージを与えてしまうのを防ぐ為、負担にならないように医者側のほうで配慮を行ってくれます。

 

デメリットとしては病院へ通院する手間がかかるのと、保険が適用されないこともあります。また、痛みや傷跡として残ることもあるので必ずしもキレイに取り除ける訳ではありません。

 

自宅での治療方法

自宅で治療する女性

 

自宅で首イボを除去するのであれば薬を使うかクリームを使うかのどちらかとなります。

 

薬であれば「イボコロリの錠剤タイプ」が有名です。ヨクイニンと呼ばれる成分が配合されているので、飲むことでからだの内側からの治療を行うことが可能です。

 

1箱で1日分使えて2,000円となるので1ヶ月使用すると6,000円程度となります。
最近人気となっている方法としてはヨクイニンが配合されている首イボクリームを使うことです。

 

もともと、首イボは皮膚のスキンケアができていない為に角質が固まって出来たものとなります。そのため、ヨクイニンとターンオーバーの働きによって肌の力によって角質を剥がすことで首イボをポロリと落とすことができます。

 

通販限定で販売をされていることがほとんどなのですが、価格も安いものだと2,000円程度で販売がされています。効き目を感じている人は多く、人気のクリームであれば累計で20万個以上販売がされているようなのもあります。

 

また、首のスキンケアをすることができる為、根本的な原因を改善することができ、再発を防ぐことができるのでおすすめの方法となります。

首イボクリームランキング

 

艶つや習慣

艶つや習慣

累計20万個以上もの数が販売されており、圧倒的人気があるのが艶つや習慣です。

 

他の首イボクリームと比べ価格も圧倒的に安く効き目を感じている人が非常に多い化粧品です。老人性イボに友好なヨクイニン(はと麦)と杏エキスの両方が配合されています。

 

有効だとされている成分が2種類含まれている為か口コミでポロリと落ちたって口コミは非常に多いです。

 

安くて効果があると評判が良いので、多くの人が艶つや習慣を使っています。

 

最安値 2,052円【送料無料】
支払い方法 代金引換え便、クレジットカード払い

 

20160121追加

 

アプリアージュオイルS

アプリアージュオイルS

 

健康情報誌などにも掲載がされた実績があるのがアプリアージュオイルSです。

 

南フランス産の杏仁オイルを配合しているのが特徴で他にもホホバオイルといったお肌を乾燥から守る為の成分が配合されています。

 

価格は少し高めとなってはいますが18年以上販売がされており、長い間使われてきたクリームとなります。

 

値段は高くても良いものを使いたいって人に人気となっています。

 

最安値 8,424円【送料無料】
支払い方法 代金引換え便、クレジットカード払い

 

 

ぽっつるん

ぽっつるん

 

口コミでも効き目の部分で両極端に割れることも多いのがぽっつるんです。

 

効果を感じている人も多いですが、その反対に効き目が全くあらわれなかった口コミも多く見かけることができます。効き目を感じた人の中にはすぐにぽろっと首イボが落ちたなんて声もあります。

 

はと麦エキスの他にリピジュアと呼ばれる人口の細胞膜を作ることができる素材が配合されているのが特徴となる首イボクリームです。

 

最安値 4,104円【送料648円】
支払い方法 代金引換え便、クレジットカード払い

 

 

首イボの治療費用

治療費用について解説する女性

 

病院と自宅での治療の費用をそれぞれまとめたものを紹介致します。

 

治療費用は首イボの数やサイズによって異なってきます。また、病院によっては値段が大きく変わることもあるので、医者に診察をして貰う際は事前に確認をするようにしましょう。

 

病院にもよって保険が適用されるかが異なるので金額も変わってきます。

 

アクロコルドンやスキンタッグなどの小さくて数が多いのに関してはハサミで切り取るもしくは液体窒素を使うことが多いです。1個取り除くのに500円程度。それに初診費用や診察代として3000円程度が別途かかります。直径1cm程度のサイズの大きい首イボ(軟性線維腫)に関してはレーザー治療が行われることが多いです。

 

健康保険は適用されないので初診費用と合わせて1万円程度となります。

 

市販薬での治療であれば、先ほども紹介をしたようにイボコロリ内服錠が1箱2感000円で1ヶ月で6,000円となります。

 

ヨクイニンが配合された首イボクリームで、安いので2,000円程度での販売がされています。高いのであれば7000円程度するのもあるのですが、3000円ぐらいで販売されているのでも評判が良く1ヶ月で治ったと口コミが書かれている人気のがあります。

 

首イボクリームは薬局やドラッグストアでは取り扱っていないことがほとんどで、通販で購入する必要があります。

切除(保険適用) 1個500円+初診3000
液体窒素(保険適用) 1個500円+初診3000円
炭酸ガスレーザー 10,000円
市販薬(イボコロリ) 6000円/1ヶ月
ヨクイニン配合の化粧品 3000円/1ヶ月

あくまでこの金額は目安です。通院の回数や病院、治療期間などにもよって料金は異なります。

 

おすすめの首イボを除去する方法

おすすめは首イボクリーム

 

首イボの特徴としては手術で除去しても再発がしやすいことです。

 

もともとの原因がスキンケアができていない為に角質が肌に残ることなので切ったとしても原因が改善できている訳ではありません。そのため、結局はヨクイニンが配合されたクリームを使う必要がでてきます。

 

そのため、おすすめの首イボを除去する方法としては首イボクリームを使うことです。

 

肌力をアップさせることで肌の本来の角質を剥がす働きによって自然と落とすことができます。ヨクイニン配合のクリームであれば肌のスキンケアも行うことになるので再発する心配をする必要もありません。

 

また、価格も安いので2,000円と安価ですし、病院に行く手間がかからないのも嬉しいところです。

 

人気の艶つや習慣であれば販売個数が多いからも分かる通り、効き目を感じている人は非常に多いです。早い人であれば2週間程度で気づいたら取れていたなんて書かれていることもあります。

 

価格も安く効き目を感じている人も多いのでおすすめは首イボクリームを使うことです。

 

おすすめのクリームが艶つや習慣

艶つや習慣の写真

 

首に出来やすい老人性イボに効果的なヨクイニン配合のクリームの中でも効果・料金両方の面でおすすめなのが艶つや習慣です。

 

人気の3つのクリームを比べても定期便での購入で2,052円となっており非常に安い価格での販売がされています。薬局やドラッグストアで販売されている有名な市販薬の「イボコロリ内服錠」と比べても安価格となっているのですね。(液体タイプは首イボには使用厳禁なので注意してください)

 

首イボに大事な成分はヨクイニンと杏エキスのどちらかです。

 

どのクリームにしろヨクイニンは必ずといって配合がされているので、価格的にも安いものを利用すれば良いかと思います。実際に艶つや習慣であればわたしも使用をした経験があります。

 

購入をするのであれば定期コースの利用がおすすめとなります。首イボは除去したとしても再発がしやすいので最低でも3ヶ月は予防の意味をこめて首のケアをしておいた方が良いです。艶つや習慣は定期コースを利用することで価格も安くなりますし、いつでも解約することができます。

 

艶つや習慣の最安値通販へ

 

更新履歴