首イボを液体窒素で治療する方法について

 

首イボを病院で治す治療方法の一つで液体窒素を使った方法があります。ここでは治療期間やいやみ、傷跡について紹介していきます。

 

まずは先に、勘違いをしている人も多いので、どういった治療方法なのかについて軽く紹介していきます。

 

液体窒素とは窒素が冷却されて液体となったもので、主に冷却材として使用がされます。-196度ととても低いため、皮膚に付いてる首イボに付けることによって、皮膚細胞を焼き落としてしまいます。

 

何故、温度が低いのに焼ききれるのかというと、それは低音火傷という減少が関係しています。あまりにも低い温度となると、皮膚は逆に焼けどをしてしまうので、逆に皮膚の細胞を焼くことが可能なのですね。

 

主に首イボの中でもアクロコルドンやスキンタッグなどと呼ばれる比較的サイズの小さい脂漏性角化症に用いられる治療方法です。

 

美容皮膚科などと呼ばれる病院やクリニックで行うことができる治療方法となります。それでは治療期間などについての説明に入らせていただきます。

 

治療期間

 

3mmぐらいまでの小さいサイズのアクロコルドンやスキンタッグであれば、一回の液体窒素治療で首イボが取れてしまうことも多いです。1cm以上の大きいサイズである軟軟性線維腫や懸垂性線維腫に関しては数回必用となります。

 

必ずしも小さくければ1度で取れる訳ではないので、複数回通院をする必用があると考えた方がいいです。

 

一般的には1週間程度の期間を当てて、数回治療を行います。首イボの数が10個、20個と多い場合に関しても皮膚への負担なども考えて、一度に全てに当てる訳ではなく、今日は10個行って残りは後日なんてことも多いです。

 

1週間から2週間ぐらいの治療期間で3回程度と考えておけばまず、問題はないです。数が少なかったり、上手く取れてしまえば1日で終わることもあります。

 

痛み

 

痛みに関しては激痛が走るようなことはないです。綿棒などに液体窒素をつけて患部に直接塗っていくので、他の皮膚に当たるようなこともなく、そこまで痛みを感じることはありません。

 

直接患部のみに液体窒素を当てるので痛感があらわれることはほとんどないのですね。

 

首イボは角質の固まりとなるので、付け根に関しては皮膚細胞もあるので痛かったり、熱いと感じることはあります。ただ、患部自体に関しては皮膚の古くなって本来剥がれ落ちるべき細胞となっており、神経が通ってるなんてことはないんです。

 

角質が剥がれずに皮膚に残ってしまっただけの症状となるので、痛みは心配をしなくていいです。

 

傷跡について

 

治療後に数日間たつとシミが残ることがあります。

 

皮膚の細胞が炎症を起こしてしまているので、傷跡として残ってしまうのですね。ただ、表皮細胞と呼ばれる皮膚の表面が傷ついているだけなのでターンオーバーと呼ばれる新しい皮膚の細胞へ生まれ変わる働きによって、だんだんと薄くなることがほとんどです。

 

稀に傷跡として残ることもありますが、基本的には1ヶ月もしないうちに元通りに戻ることが多いので安心して大丈夫です。

 

液体窒素での治療のまとめ

 

液体窒素での治療はからだへの負担がある訳でもなく、簡単な治療方法のひとつです。ただ、病院や医者などにもよって、ハサミで切り取る方法を取るかなどは変わってきます。

 

そのため、必ずしも液体窒素での治療を行ってもらえると考えない方がいいです。

 

また、あくまで角質を焼ききってしまい取るだけなので、根本的原因である肌のスキンケアを解決することができている訳ではありません。そのため、再発することも非常に多く、きちんと予防を怠らないようにした方がいいです。

 

首イボを取ると同時に予防を行う方法も中にはあります。ヨクイニンを配合した化粧品でスキンケアを行い、根本的な原因を取り除き、ポロリと落としてしまう方法です。予防と除去を同時に行うことができ。自宅で行えるので、利用者が増えている方法となります。

 

首イボを自宅で治療する方法