首周りのイボは数がどんどん増える

 

首の周りのイボは一度できてしまうと数が増えてしまいます。
最初は1個だと思ったいたのが5個、10個と増殖をしてしまうのですね。

 

気づいた特には首元ばイボでぶつぶつだらけなんてことにもなりかねないです。

 

数が増えれば増えるほど遠目から見ても気づかれてしまいますし、見た目的にもよくありません。
なにより、何もケアをしなければ首周りのイボは数が増える一方となります。

 

しかし、その理由が書かれているサイトがあまりありませんでした。
ですので、首周りのイボが増える理由とおすすめの取る方法について解説をしていきます。

 

首周りのイボが増える理由は発症する原因から分かる

 

首周りのイボが増えるのは何故発症をしてしまったのかの原因を詳しく理解すれば分かることができます。

 

首イボができる原因としては乾燥や紫外線によるダメージです。紫外線を浴びることによって肌は老化をします。また、乾燥をすると肌の働きが低下をします。

 

そのため、肌の働きであるターンオーバーが上手く行われないので角質が皮膚に引っ付いたままとなります。
この角質が固まってできるのが首イボとなるのですね。

 

別名、角質粒と呼ばれるのは角質の粒の集まりだからであり、老人性イボと呼ばれるのは加齢によって肌力が低下をしてしまうから発症がしやすいからなのですね。

 

ようするに首周りは紫外線を浴びやすいにも関わらずスキンケアをしていないので角質が肌に付着した状態となってしまっているのです。

 

そのため、首の一部分だけ肌力が低下していることはまずありません。
全体的に角質が残ってしまっているのでどんどん数が増えていってしまうのですね。

 

自宅か病院で首元のイボは取れる

 

首周りのイボは皮膚科、美容皮膚科、自宅で取ることができます。

 

  • 皮膚科であれば液体窒素やハサミで切ります
  • 美容皮膚科であれば炭酸ガスレーザーで焼き切ります
  • 自宅であれば化粧品か薬と使います。

 

サイズの大きいイボ(軟性線維腫)であれば美容皮膚科のレーザーが効果的です。ただ、健康保険が使えないので20万円程の治療費が掛かるので高額になりやすいです。

 

ぶつぶつと数が沢山できるアクロコルドンやスキンタッグと呼ばれる小さい首周りのイボであれば皮膚科か自宅かのどちらかです。

 

皮膚科の手術費用としては1個500円から1000円程度で首元にどれぐらいの数があるかにもよって金額は異なります。

 

おすすめの首周りのイボの取り方

 

おすすめの首周りのイボを取る方法であれば自宅での化粧品を使った方法です。

 

ヨクイニンと呼ばれるハトムギより作られた成分が配合されて化粧品で、角質を柔らかくしてターンオーバーを促進させることができます。
そのため、イボが剥がれやすい状態にしながら肌の本来の働きで取ることができる方法となります。

 

ハサミや液体窒素などで強引に取るのではなく、自然と肌の力で取ることができるのですね。

 

また、価格が安い化粧品も多くわたしも使ったことがある艶つや習慣であれば公式サイトで2,000円で購入ができます。
病院へ行く手間も掛からず治療費も安くすることができるのですね。

 

首周りのイボを取りたいって人に評判も良く、今までに30万個以上販売がされているクリームです。
艶つや習慣の口コミ

 

首周りのイボのまとめ

 

首周りのイボが数が増えるのは首全体が肌力が低下をしているからです。

 

取り方としては様々な方法がありますが、治療費用にも大きく違いがあります。
艶つや習慣のようなヨクイニンクリームであれば肌力を改善する効果があるので、予防としての効き目もあります。

 

再発がしやすく、取れても繰り返し増えることが多いので、病院での治療に関しても軟膏を処方されることが多いです。
しかし、ヨクイニンクリームであれば自宅で使えて、取るだけでなく予防も同時に行うことができます。

 

首の周りのイボの治療方法について詳しく知りたい方は下記で紹介をしています。
人気のクリームから取り方まで全て解説をしています。

 

首イボを治療する方法