首イボは杏仁オイルを使って取れる

杏仁オイルの写真

 

首イボを自宅で取りたい人の使う方法のひとつが杏仁オイルです。

 

別名でアプリコットオイルとも呼ばれますが、あんず油を配合した化粧品となります。

 

でも、実際首イボを取る効果なんてあるのでしょうか?

 

ここでは杏仁オイルの効果や効能に加え、販売している店舗などについて解説をしていきます。
オイルを使って治療をしようとしている人はご覧ください。

 

杏仁オイルの首イボへの効果

 

杏仁オイルにはパルミトレイン酸が配合されています。
パルミトレイン酸には皮脂が酸化するのを予防したり、角質を柔らかくする効能があります。

 

では、首イボに使うことでどのような効果がおきるのでしょうか?

 

首のイボは角質が集まったことによってできる角質粒です。そのため、角質を柔らかくすることでイボが剥がれやすくする効果が期待できます。そして、配合されている他の美容成分などによってターンオーバーを正常に働くようにすることができます。

 

そのため、首イボを取る効果があるのですね。

 

他にもメリットとしては皮脂が酸化するのを予防する効能があります。
皮脂が酸化をすることで角質粒ができたり、肌のターンオーバーなどの肌力を低下させる原因にもなります。

 

そのため、杏仁オイルで皮脂が酸化するのを予防することで首イボの予防としても効果があるのですね。

 

杏仁オイルの首イボへの効果としては角質を柔らかくして剥がれやすくすることと、予防です。

 

杏仁オイルの販売店!薬局やドラッグストアで販売してる?

薬局で販売してる薬

 

スキンケア用の杏仁オイルを自宅においてある家庭はそうありません。
そのため、購入する必要がでてくると思います。

 

杏仁オイルが販売している店舗としては薬局、ドラッグストア、通販の3つです。

 

アプリコットオイルのような明記で販売がされていたりもします。
ただ、薬局やドラッグストアで購入をするのであれば数は選べないと考えた方が良いです。

 

杏仁オイルが配合されていれば良い訳ではなく、首イボを除去するのであればターンオーバーを促進させる成分や保湿成分など様々な美容成分が必要となります。

 

そのため、口コミなどを確認しながら評判が良いオイルなのか確認をした方が良いです。

 

オイルよりもおすすめの首イボを自宅で取る方法

 

首イボにオイルを使うのであればおすすめはクリームを使うことです。

 

効果的な成分として有名なのであれば「杏仁エキス」「ヨクイニン」の2つです。特にヨクイニンは首にできる老人性イボ用の薬にはまず配合されている成分です。

 

それだけ首イボ治療には重要な成分とされているのですね。
首イボに効く薬のまとめへ

 

ヨクイニンは古くより老人性イボ用の治療薬の材料として漢方に使用もされてきました。

 

確かに杏仁オイルも効果的な成分ではあります。しかし、首イボ用のクリームであれば「ヨクイニン」「杏仁エキス」の両方が配合されているものも多いです。

 

効果があったと評判が高く30万個以上が今までに販売されているようなクリームにも両方の成分が配合されています。
首イボを自宅で治療するのであればおすすめは杏仁オイルよりもヨクイニンが配合されているクリームとなります。

 

実際にわたしもクリームは使用したことがあります。
その体験談は下記で紹介をしています。

 

艶つや習慣の口コミへ

 

関連ページ

ピーリングの効果と副作用
首イボに効く化粧品のひとつとしてあるのがピーリングです。自宅で行うケミカルピーリングは角質をぽろぽろと剥がしてくれます。そのため、首イボに即効性があります。しかし、副作用もあるので不人気です。
ヨクイニンクリームの首イボへの効果
首イボに効く化粧品として人気なのがヨクイニンクリームです。ヨクイニンの成分が配合されており、薬などにも使われている成分です。ここではヨクイニンクリームの首イボへの効果について解説しています。