首イボを爪切りで自分で取るのは危険

 

首イボを自分で除去する方法として爪切りを利用する人は多いかと思います。
もしかして、あなたも今から行なってみようかと思ってはいませんか?

 

すでに自分で切ろうとしてから途中で踏みとどまってこのサイトを見ている人も多いかと思います。

 

病院へ行くのがめんどうだという理由で自宅で除去しようとする人は多いです。
しかし、その中でも選択をしてはいけない方法が「爪切り」を利用して除去することです。

 

症状が悪化するだけではなく、他の病気も発症することもあり、危険ですので注意しましょう。

 

ここではなぜ爪切りを使うと危険なのか?
また、自宅で治療したい人におすすめの方法。

 

以上、2点について解説していきます。

 

首イボを爪切りで除去するのは危険な理由

 

爪切りを使うことでリスクとなる状況としては以下の2つがあげられます。

  1. 傷痕や痛みがある
  2. ウイルス性の感染症に感染する可能性がある

 

強引に皮膚から剥がすことによって痛みを伴うこともあります。

 

イボ自体は脂肪や角質の塊であるため、痛みを伴うことはありません。しかし、皮膚に付着をしているため、素人が綺麗に取り除くことは難しいです。

 

皮膚の部分を切ってしまったりすることも多いです。そのため、痛みがあるだけではなく、皮膚の真皮と呼ばれる角質層の奥にある細胞まで傷つけることで傷痕が残ることもあるのですね。

 

それだけではなく、感染症にも注意をしなければなりません。

 

爪切りは不衛生なためウイルスに注意

 

爪はごみやウイルスが溜まりやすくなっています。そのため、爪切りは多数のウイルスや微生物などが付着することにもなります。

 

爪に挟まっている垢やごみの匂いをかぐとくさいのはそれだけ不衛生な証拠です。

 

そんな不潔な爪切りを使って皮膚を切ることによってウイルス性の感染症が発症することも考えられます。
せめて爪切りを使って首イボを除去するのであれば最低限でも新品を使いましょう。

 

ただ、根本的に爪切りを使うこと自体は根本的な原因を解決している訳ではないので再発することも多いです。
傷痕や痛みもありますので自宅で除去できる方法とはいえ、爪切りを利用することはおすすめできません。

 

おすすめの自宅で治療する方法

 

首イボを自宅で治療する方法としては薬などいくつか種類があります。

 

その中でも手軽に行なえ、爪切りのような危険性について考えなくてもいいため、人気となっている方法があります。それが「ヨクイニン配合の化粧品」を使う方法です。

 

首イボの原因である角質が肌に残ってしまうことの改善をすることもできます。保湿することでターンオーバーを促進させることができるので、角質がうまくはがれるようになってくれるのですね。

 

また、ヨクイニンと呼ばれる成分は保水力も高く、古くよりイボ治療の漢方などにしようがされてきました。最近でも日本で販売されているような首イボ用の薬もほとんどの成分がヨクイニンで構成されているほどです。それだけ効き目が高いと考えられている証拠としてもいえるのではないでしょうか?

 

ヨクイニン配合化粧品のメリットとしては薬のように費用も高くないことです。
また、病院のように通院する手間も必要としません。

 

そのため、自宅で首イボを除去したいって人に人気となっているのですね。
わたし自身もヨクイニン配合の「艶つや習慣」は使用したことがあり、おすすめの治療方法でもあります。

 

首イボを自分で取る方法

 

 

関連ページ

首イボをピンセットで取る
首イボをピンセットを使って自分で除去するデメリットについて解説しています。ピンセットを使うことで首イボを取ることはできます。しかし、注意が必要となります。